会社沿革 of 栗田煙草苗育布製造株式会社

私たちは、織物(寒冷紗)の製品企画から開発・製造までを一貫して行うメーカーです。

HOME > 会社案内 > 会社沿革

会社沿革

明治40年
栗田佐市郎氏により煙草苗育布の開発・販売を開始する。
昭和12年
栗田渡氏により佐野市堀米町へ織機を導入し、煙草苗育布の製造を開始する。 
昭和23年

佐野市堀米町にて栗田煙草苗育布製造株式会社を設立する。
代表取締役は栗田佐市郎氏。資本金50万円とする。 

昭和24年
代表取締役が栗田佐市郎氏から栗田渡氏へ交代する。 
昭和31年
資本金を100万円に増資する。 
昭和37年 資本金を200万円に増資する。
昭和38年
資本金を300万円に増資する。 
昭和47年 織布新工場が完成する。
昭和48年 資本金を600万円に増資する。
昭和49年 資本金を1,000万円に増資する。
昭和62年 資本金を3,000万円に増資する。
平成6年
代表取締役が栗田渡氏から栗田重雄氏へ交代する。
平成10年 資本金を4,000万円に増資する。
平成14年 朝日町工場が完成する。
平成17年 ISO9001を取得する。
大橋町工場1号棟が完成する。
平成19年 資本金を4,620万円に増資する。
大橋町工場2号棟が完成する。
平成22年 大橋町工場に新倉庫が完成する。
ものづくり補助金が採択される。
平成23年 大橋町工場へディーゼル発電機を導入する。
平成25年 大橋町工場 スリッター工場兼新倉庫が完成する。
ウレタン塗膜防水工法に関する特許を取得する。 
平成27年 代表取締役が栗田重雄氏から栗田昌幸氏へ交代する。
本社粘着工場完成する。
資本金を7,028万円に増資する。